toggle
2017-03-03

フラワー・オブ・ライフMandala Art 三人展を終えて


こんにちは。

フラワー・オブ・ライフMandala Art三人展が終了して、早一週間以上が経ちました。
数日前なのに、もう何ヶ月も前の出来事のように感じています。

夢にも描いていなかったアート展、
今回はDMのデザイン、ネット印刷発注、額装、ギャラリーでの設営、値付け、、と私にとって初めて尽くしでしたが、
露香さんと朋子さんのご意見を頂戴しつつ、スムーズに準備を進めることができました。

ただ、ギャラリーを押さえたのが12月半ばで、準備・制作期間2ヶ月というタイトなスケジュールだったため、ワークショップの開催も考えつつ、日々やる事リストを作りながら。。
駆け抜けた2ヶ月間でありました。

img_4404

作品に関しては、今の自分、という意味では納得はしているけれど、満足はしてないかなと。

このマンダラは同じモチーフを基にして創り上げていくので、個々のアイディアの違うところを楽しめると同時に、裏を返せば比較されることへのプレッシャーも出てくるなぁと思います。
人間ですもの、多少は。

そういう自分も居るなぁという思いながら、その感情を傍に置いて、今わたしの描けるものをとにかく描くしかないね、と開き直るしかなくて、その時間のなさも逆に良かったかもしれません。

作品はもちろん、DMやらのデザインとかも含め、次回はこういう風にしたいなぁとか、時間があれば、ああしたかったなど、また機会があれば改善したい点もあります。

今回は同じくワァシリテーターの寺田朋子さん、師匠の明石 露香さんとご一緒させていただきました。本当にありがとうございます。

朋子さんは、グラデーションがとても上手で、グラデーションの魔術師??とか言われてました(笑)お子様が小さいなか、たくさんの作品を仕上げられて尊敬です。

師匠の露香さんは引越しの予定が最初の想定より早まり、なんと3人展終わってすぐ長野に引越しというハードスケジュールの中で、展示にお付き合いくださいました。

一応、主にはふたりでもろもろの準備は進めましたが、色々、分からないことだらけで、露香さんに道筋を示してもらえたことで、無事に開催に至ることができました。

前日になんか泣きそうな気分だったので、
最終日は、寂しい涙の別れかと思いましたが、まさかの爆笑の涙が(笑)

長野といってもほぼ山梨ですし、会いたい時には会いに行ける距離ですよね。

至らぬ点も多いですけれど、これからもご縁を大切に邁進していきたいと思います。マンダラも進化させつつ。

そして他のファシリテーターさん達とも、またグループ展などご一緒させていただけたら嬉しいですね。

全ての皆様に感謝。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です