toggle
2017-01-25

Mandala Art三人展 at 国分寺カフェスロー


ご覧いただきありがとうございます。
フラワー・オブ・ライフMandala Artファシリテーターのモナミです。

本日は2月に行われるマンダラアートのグループ展のご案内です☆

【Flower of Life MANDALA ART 三人展〜いのちの花に光を〜】

2/17~22に国分寺カフェスローにて、フラワー・オブ・ライフMandala Artファシリテーターの私、モナミ(猿舘 もな美)と寺田 朋子さん、そして我が師匠Mandala Artistの明石露香さんをゲストにお迎えして三人展を開催いたします。

このマンダラアートは古代神聖幾何学図形フラワー・オブ・ライフをベースにして描かれています。

皆さまの生命の花が光り輝くよう願いを込めて三者三様の作品を国分寺のカフェスローさんの素敵な空間に展示させていただきます。

慌ただしい日常を離れ、こころ穏やかで優しい時空間を愉しんでお過ごしいただければ幸いです。

皆様にお会いできますことを楽しみにしております☆

◇日時

2017.2.17(金)〜22(水)

※月曜日はお休みですのでご注意ください

11:30〜18:00

◇会場

国分寺 カフェスロー (国分寺駅より徒歩5分)

◇作家プロフィール

明石 露香(Tsuyuka Akashi)

美術短大を卒業後、インテリアスタイリスト、フードスタイリスト、カフェオーナーを経て、サウンドヒーラーとして活動を始める。その傍ら2010年から神聖幾何学図形フラワー・オブ・ライフをベースにしたマンダラを描き始める。2014年からMANDALAアーティストとして活動。2016年8月 MANDALAアート塗り絵本を七つ森書館から出版。2017年秋 金沢21世紀美術館で水彩画アーティストの夫、明石泰一との展示会、開催決定。
・公式サイト

Flower of Life MANDALA ART

・明石露香ブログ

http://ameblo.jp/soundhealing-m/

寺田 朋子(Tomoko Terada)

富山県出身
医療機関や福祉施設での看護業務に従事する。末期患者のターミナルケアを体験したことをきっかけに人生を幸せに生きる方法を模索し始める。宝飾専門学校でジュエリーのデザイン、製作、石の鑑定、石の研磨まで総合的に学ぶ。その後ジュエリー業界に就職し製作に携わるが、体調を崩し退職。結婚、出産、育児をきっかけに精神世界について学び始める。その過程でマンダラアートに出会い現在に至る。2016年よりアートを通して幸せを運ぶ活動を開始。

・寺田朋子ブログ

http://ameblo.jp/tomotomo0822tomo/

 

 

猿舘 もな美(Monami Sarudate)

岩手県出身
大学卒業後、測量会社・大手ゼネコンなどで主にCAD製図の仕事に就く。20代後半に得た二つの大きな病をメッセージとして受けとめ、こころとからだの関係に興味を持つ。ヨガや瞑想など通じてマインドの観察を始めるととともに、ボディセラピストを目指してロミロミやタイ式マッサージを学ぶ。真の自分の望みとはなにかを探し求めるなかで2015年1月に明石露香さんに出逢いマンダラアートを描き始める。そして、その創造エネルギーに魅せられ、第1号のファシリテーターとなる。マンダラアートをツールとして人々の心の平安を取り戻すお手伝いができればと願い2016年秋よりワークショップを開催している。

・猿舘もな美ブログ

http://ameblo.jp/monabi214/

・instagram

ID:monamisarudate


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です